国際平和博物館「非暴力シーズン」に参加 Part 3

国際平和博物館「非暴力シーズン」に参加 Part 3

ガライベントで希望の火に祈り 非暴力のためのシーズン、キックオフウィークエンドののメインイベントは、土曜日の夜のガラ。 ジョエル・キング牧師(MLキング牧師の甥)、グレゴリー・フォスター(キング牧師夫人の甥)とトウシャ・ガンジー(マハトマ・ガンジーの曾孫)3氏を迎えての講演とパネルデスカッションが中心のプログラムです。 希望の火は、ステージの中央に据えられ、この夕べをさらに力強く、光輝くものにしています。 館長によるオープニングスピーチとインドの伝統舞踊の後、キング牧師とガンジーのスピーチが会場に流れました。...
『希望の火』に込める祈り〜Dr. Mahashweta Maharathi / 世界遺産ブッダガヤ・大菩提寺事務局長〜

『希望の火』に込める祈り〜Dr. Mahashweta Maharathi / 世界遺産ブッダガヤ・大菩提寺事務局長〜

2023年12月18日、インドビハール州・ブッダガヤにて、世界遺産大菩提寺(MAHABODHI TEMPLE)を管理する事務局長のDr. Mahashweta Maharathiさんに『希望の火』へのメッセージを頂きました。   「この光には「希望」が含まれています。人類が決して信頼を失ってはならない、「平和、非暴力、同胞愛、平等、平静」の永遠の炎。これらは、人間の本質的価値であり、すべての人間が心に抱き、最も大切にすべきものです。 『希望の火』は本当に人々の心を照らすでしょう。...
Mission in India / ISFB2023 レポート No.1

Mission in India / ISFB2023 レポート No.1

プロローグ 〜今回のミッション〜 「世界中(主にアジア各国)から、仏教僧侶2,000人が集まる「国際サンガフォーラム」で喨及さんがスピーチするので、これに同行参加する」 フォーラムは、パーリ語文化圏とサンスクリット文化圏の僧侶(簡単に言えば、「上座仏教」と「大乗仏教」)が集まるという、歴史上かつてない試み。 ファインダー越しに喨及さんを追ってみて 僕は今回、カメラマンとして喨及さんをファインダー越しに追いました。 すると見えてくるのは、いつも喨及さんのリラックスした雰囲氣。 そして、自分だけでなく、相手をせしめる笑顔でした。...
デンマーク在住ニールセン北村朋子さんに『希望の火』に祈りを込めていただきました。

デンマーク在住ニールセン北村朋子さんに『希望の火』に祈りを込めていただきました。

デンマーク在住のニールセン朋子さんにが、 「不登校と向き合うヒント」 ーデンマークの教育と文化に学ぶー のために一関を来訪されました。交流会の時に、『希望の火』に祈りを込めていただきました。 願い:長年の人類と地球の夢である「世界平和」が実現しますように! 交流会では、デンマークの社会や教育事情についてのお話でした。 『ニールセン朋子さん』は、とても柔らかい雰囲気と暖かいエネルギーで会場を満たしてくれました。 お話の中で ・デンマークでは、怒っている人を見ない。自分も26年間一度  も怒られたことがない。...
オランダ「自由の火」希望の火と合祀 Part 1- アルクマール解放記念祭

オランダ「自由の火」希望の火と合祀 Part 1- アルクマール解放記念祭

Part 1 - アルクマール市解放記念祭 2023年5月5日、オランダのアルクマール市で開催された解放記念祭で、オランダの「自由の火」(別名「解放の火」)が希望の火に合祀されました! 世代を超え、世界に類を見ない全国リレーにより手渡され続けてきた聖火。その歴史と物語は。。。? 「自由の火」(別名解放の火)(ワーヘニンゲン) この火は、1945年5月の第二次世界大戦終結によるオランダ解放を記念するもので、自由と平和のシンボルとして、毎年行われる解放記念祭で、オランダ全土で灯されます。...
世界の僧侶2000人が集まった国際サンガフォーラムに!

世界の僧侶2000人が集まった国際サンガフォーラムに!

〜『希望の火』 インドミッション 2023〜 『希望の火』と共にガヤの空港に降り立ったのは、ダライ・ラマ法王の呼びかけで開催されたフォーラムに参加するためだった。 そこに集った世界の僧侶約2,000人を前に、『希望の火』代表の遠藤喨及さんがスピーチをすることになっていたのだ。 場所は、釈尊が悟りを開いた菩提樹のあるブッダガヤ。 (写真)ブッダガヤの大菩提樹 このフォーラムの目的。それは、世界各地に分かれて発展した仏教の僧侶たちが、一同に会すること。そして、それぞれの活動や体験を語り、互いの理解を深めること。...