お釈迦様生誕の地、ルンビニで燃え続けている『永遠の平和の火』と合祀しました

お釈迦様生誕の地、ルンビニで燃え続けている『永遠の平和の火』と合祀しました

お釈迦様生誕の地、ルンビニで燃え続けている『永遠の平和の火』と合祀しました ルンビニにて 1月3日 ブッダガヤでのダライ・ラマ法王の法話会に参加後、陸路にてネパール・ルンビニに向かいました。 ルンビニはお釈迦様の生誕の地であり、『永遠の平和の火』が1986年から燃え続けています。 そこでの私達の目的は『永遠の平和の火』と『希望の火』を合祀すること、ルンビニで行われている「満月の日の声明会」への参加、そして数々のお寺の方々にお会いし『希望の火』に祈りを込めていただくことでした。...
Abbot Pema Lodoeとの出会い

Abbot Pema Lodoeとの出会い

インドにて活動中の「希望の火」国際委員会の代表団は、ニンマ仏教伝統のゾクチェン・リンポチェの代表であるアボット・ペマ・ロドエと会いました。 彼は、平和と愛のメッセージを、東洋の日本から世界中に広めるために、私たちが率先して取り組んでくれたことを喜んでくれました。 そして、この旅が成功し、人類の役に立つことを願い、以下のメッセージを与えてくれました。 「世界を平和にし、すべての衆生を苦しみから解放することは簡単なことではありません。継続的な努力が必要なため、1 日、1...
平和を理解する – リンポチェ・ジョナンとの出会い

平和を理解する – リンポチェ・ジョナンとの出会い

平和を理解する – リンポチェ・ジョナンとの出会い アリスシュミッツホーファー 2022 年 12 月 28 日 ダラムサラのチベット博物館とチベットハウスのテンジン・トップデン氏の貴重な支援のおかげで、私たちはジョナン伝統のジョナン・ギャルツァップ・リンポチェと会うことができました。  彼は「希望の火」に祝福と祈りを分かち合い、次のような素晴らしい講演を行いました。   ...
『希望の火』、ローマ教皇とダライ・ラマ法王の祈りを繋ぐ

『希望の火』、ローマ教皇とダライ・ラマ法王の祈りを繋ぐ

  “2019年秋に希望の火に込めたローマ教皇の祈りのメッセージを、ダライ・ラマ法王に届けよう!”  このミッションのため、希望の火国際委員会は、インドに旅立ちました。それは、ブッダガヤ(釈尊が悟りを開いた地)で、2022年12月29日〜31日に行われる、特別な行事に参加するためでした。  現在、ご高齢になられたダライ・ラマ法王に個人謁見することは、果たして可能なのか? チベット法王庁とやり取りして下さった、東京のダライ・ラマ代表部の方にも、それは不明でした。...
2022年オランダ平和週間レポート

2022年オランダ平和週間レポート

「希望の火」で祈る平和 ーアルクマール各地の教会で同時にー 「 SHARE! 」(アースキャラバンのテーマソング)が、市中心部のカリヨンの鐘で市内に響き渡り(2020年の録音映像を見る)、イベントが始まりました。 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルとテーブルをシェアし、1週間に亘って、共に活動しました! 希望の火ワークショップ 利他の祈りが体と場のエネルギーを変えていく体感のワークには、参加者達の驚きの歓声が!...
「希望の火」に、新たな“聖なる火”が加わりました!

「希望の火」に、新たな“聖なる火”が加わりました!

希望の火国際委員・オーストリアAlice Kerschbaume (アリス・ケルシュバウム) アッシジのフランチェスコ   聖フランチェスコ(1182-1226年)という方をご存知でしょうか?その生涯は、大変感動的で、とても興味深いものです。 フランチェスコは、大金持ちの家に生まれ、戦争捕虜となり、やがて不思議な夢を見るようになります。ついには、十字架から語りかける声を聞いて、教会の修復を始めました。...