「希望の火」に、新たな“聖なる火”が加わりました!

「希望の火」に、新たな“聖なる火”が加わりました!

希望の火国際委員・オーストリアAlice Kerschbaume (アリス・ケルシュバウム) アッシジのフランチェスコ   聖フランチェスコ(1182-1226年)という方をご存知でしょうか?その生涯は、大変感動的で、とても興味深いものです。 フランチェスコは、大金持ちの家に生まれ、戦争捕虜となり、やがて不思議な夢を見るようになります。ついには、十字架から語りかける声を聞いて、教会の修復を始めました。...
『ニュースに出てこないパレスチナ』

『ニュースに出てこないパレスチナ』

希望の火アンバサダー 東北岩渕如妙(みみぃ)   ア―スキャラバンは、2015年から2018年まで、毎年夏に中東(パレスチナ、イスラエル)へ、原爆の残り火とともに、巡礼の旅をしました。 私は、2015年、2017年、2018年にこのツアーに参加したのですが、そこで、さまざまな体験をしました。 そして、イスラエルの占領に苦しむパレスチナの人たちの現状に、何度も言葉を失いました。 イスラエルによって埋め立てられた井戸の、早朝からの復旧作業 ベツレヘムフェスティバルでパレスチナの人たちにタオ指圧を施術...
『希望の火と共に平和への道を』

『希望の火と共に平和への道を』

希望の火アンバサダー オーストリア           Alice Kerschbaume (アリス・ケルシュバウム) かつてすべての共産主義国は、西側とは完全に分離されていました。東側には、グリーンベルトと呼ばれる「鉄のカーテン」が、1945年から1989年まであったのです。 北はフィンランドから始まるグリーンベルトは、オーストリアまでヨーロッパを分断していたのです。 そして「希望の火」とアースキャラバンは、この「グリーンベルト」を歩くイベントに招待されました。...
ローマ法王との平和の祈り

ローマ法王との平和の祈り

「原爆の残り火」、史上はじめてバチカンに! アースキャラバン、ローマ法王と共に平和を祈る   2019.04.11【仏教タイムス】「原爆の残り火」バチカンへ浄土宗僧侶ら教皇に謁見 2019.03.31【カトリック新聞】教皇“原爆の炎”吹き消す 広島出身のサーローさんら一般謁見に参加 2019.03.26【毎日新聞】原爆の火、二度と ローマ法王、被爆者と対面 核廃絶を願い吹き消す 2019.03.21【朝日新聞】法王、原爆の残り火を吹き消す 「争いの火生まぬよう」 ローマ法王、原爆の残り火を吹き消す!...