Theme Poem

テーマ詩

テーマ詩「Flame OF HOPE 希望の火」

マイケル・ジャクソンやエリック・クラプトン、YMOなどの歌詞を書いてきた世界的な詩人、クリス・モズデル氏に、FLAME OF HOPE のテーマ詩を書き下ろしていただきました。

日本語版(Japanese) PDFデータ
英語版(English) PDFデータ

日本語版

FLAME OF HOPE 希望の火

詩:クリス・モズデル
翻訳:遠藤喨及

舌先に火が付いたように、僕に語らせてほしい

消えることのない灰燼の記憶から舞い降り
そして皆の心の中から燃え立った
まばゆい希望…
再生であり
新たな枝からの芽吹きであり
みんなの名において国から国へと運ばれていく
輝ける1つの火のことを

この火を、荘厳な勇気の華としよう
この火を、恵みの、許しの、そして慈悲の蓮華としよう
この火を、空なるものの内(うち)にある徳で、またたく光としよう
この火を、計り知れない霊的美しさの目覚めにしよう
この火を助けを差しのべる手としよう
この火ですべての苦しみを焼きつくそう
この火をすべての新生児が目覚める火花としよう
この火を何乗にも何乗にも拡げよう
この火をすべての国旗に刻印しよう
この火を虚しさの心に芽生えた金色の種にしよう
この火を「慈悲ついて書いた本」を読む光としよう
この火を漂流者が暗い海を渡るときの松明(たいまつ)としよう
この火を沈むことなく昇り続ける太陽としよう
この火を不正を照らし出す輝きにしよう
この火を大陸を横断するときの点滅信号としよう
この火を迷える船乗りたちの灯台にしよう
この火を他の星から来た使者が運ぶ吉祥としよう。
この火を決して忘れない学びの体験としよう
この火を誰もが生まれ持つ権利としよう
この火を大歓喜にしよう
この火を崇高な、個々のいのちが生きた瞬間としよう
この火を僕たちを縛り付ける鎖を溶かす焦熱としよう
この火を遥かかなたから見えるようにしよう
この火をくらくらするほど魅惑溢れる力としよう
この火を山頂で薫じて煙る炎にしよう

「希望の火」…
まるで、生命(いのち)の樹に初めて咲くモクレン
我が道を照らす、輝く捧げもの

これを僕らの瞳に灯そう。
これに僕らは包まれよう
この火の時代が今、来たんだ!
僕らはこの火の光を息として吸い
僕らはこの火の願いを息として呼く(はく)
この炎を誰もが求めている安らぎの隠れ家としよう
地震のときには竹藪として大地を支え
押し寄せる津波には岩として盾になり
どんな風も、どんな嵐も、どれほど激しい雨も決して消せやしない

決して消せないんだ!
決して消せないんだ!

この火を僕らの血管の中に入れておこう
この火を真理の番兵にしよう
この火を存在にとって万能の武器にしよう
この火を悲しみを消す暗殺者としよう
この火を変化を与える偉大なる霊媒としよう
この火を、僕たちに与えられる奇跡的な瞬間の燃料としよう

まばゆく燃やすんだ!
まばゆく燃やすんだ!
まばゆく燃やすんだ!

この火を
灰燼の中から燃え上がらせよう
皆の心の中から燃え上がらせよう
輝きがまし続ける希望としよう

復活の証
新たなる枝からの芽吹き
わが道を照らす揺るぎなき光…  

そしてこの火を運ばせよう
国から国へと、皆んなの名において

この火を”平和”と呼ばせよう
そしていつも灯していよう

僕たちみんなの内に… 。

英語版

FLAME OF HOPE

Written by Chris Mosdell

Let me speak with a fire-tipped tongue

set alight from the ashes of an indelible memory
and kindled from the consciousness of all
of an incandescence of hope,
to signify a rebirth,
a blossoming on a new branch
a flickering flame to be carried from nation to nation
in the name of everyone.

Let this flame be the magnificent flower of courage.
Let this flame be the lotus of grace, forgiveness and mercy.
Let this flame be the light of virtue in the Great Void.
Let this flame be the awakening of an immense spiritual beauty.
Let this flame be an outstretched hand.
Let this flame be the burning down of all suffering.
Let this flame be ignited in the eyes of every new-born child.
Let this flame be magnified and multiplied.
Let this flame be the emblem of all national flags.
Let this flame be a golden seed sprouting in the desert of the mind.
Let this flame be the light that “The Book of Compassion” is read by.
Let this flame be the refugee’s torch through the dark seas
Let this flame be an ascending sun never setting.
Let this flame be a brightness to illuminate injustice.
Let this flame be a signal across continents.
Let this flame be a lighthouse for lost sailors.
Let this flame be an astral messenger bringing auspicious tidings.
Let this flame be an experience learnt and not forgotten.
Let this flame be our birthright.
Let this flame be a rejoicing.
Let this flame be a sublime moment in each life lived.
Let this flame be an intense heat that melts the chains that bind us.
Let this flame be seen over a vast distance.
Let this flame be a mesmerizing force.
Let this flame be a fiery beacon on a mountaintop.

This Flame of Hope
magnolia-like––the first bloom on the Tree of Life,
a bright votive to illuminate the Way.

Let it be reflected in our eyes.
Let it enfold us.
For this is the Coming of Age of this flame!
We inhale its light.
We exhale the aspirations it nourishes.
Let it be the shelter we all seek
a bamboo grove in a vast earthquake,
a rock’s resistance in a great ocean’s swill.
No wind, no storm, no pelting rain can extinguish it.

It is inextinguishable!
It is inextinguishable!

Let this flame be in our veins.
Let this flame be Truth’s sentinel.
Let this flame be existence’s mightiest weapon.
Let this flame be the assassin of grief.
Let this flame be the Great Catalyst of Change.
Let this flame be fuelled by each miraculous moment given to us.

Let it burn bright!
Let it burn bright!
Let it burn bright!

Let this flame,
kindled from the ashes,
from the consciousness of all,
be an incandescence of hope,

to signify a rebirth,
a blossoming on a new branch,
an unwavering light to illuminate the Way. 

And let this flame be carried
from nation to nation in the name of everyone.

A flame to be called “Peace.”

And let it burn always
within us all.

クリス・モズデルさん
作詞家。エリック・クラプトン、サラ・ブライトマン、ボーイ・ジョージ、坂本龍一、YMOなどの楽曲の作詞を手がけ、またマイケル・ジャクソンとの共作をはじめ、映画音楽や舞台音楽など幅広い分野で作詞活動を展開。東京音楽祭で作詞部門の金賞、ユキ・ハヤシ・ニューカーク詩人賞、最近ではコロラド州ボルダーの文学祭の詩部門で大賞を受賞。詩人、谷川俊太郎氏との共著「The Oracles of Distraction」は、それぞれの母国語で書いた詩に音楽をつけた作品。グラハム・ハンコック氏のベストセラー「神々の指紋」の展覧会ではサウンドトラックを作曲、ロンドンのドルリーレーン王立劇場にて、ロンドン・シティ・バレエ団が上演した詩劇「アマテラス」の脚本も担当した。
公式Webサイト

Share the Journey

世界各地で、平和への祈りが込められた火を灯す、最新のニュースを受け取ることができます。